スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/15 サンマガ50thアニバーサリーカップ東京決勝&レヴォストパン杯inオーガ池袋

サンマガ 50thアニバーサリーカップ東京決勝

しばらくサンマガから離れていたため、今日こそは!とアニバーサリーカップに行ってきました。

使用デッキ:火ヒーロー
相変わらず・・・・でも、もちろん14日発売の4弾から少しだけカード入れ込みました。


1回戦目 水のりものデッキ

とりあえずいきなり4弾すぎて困った。
正直カードわからなすぎたわw
それでも何とかこっちの除去も飛んでくれて、カウンターもしっかり握れたので勝利。

2回戦目 絶望先生デッキ

まぁ蒲田のレヴォとかで何度も見たことある人。サンマガでもよく見る。
序盤いい感じに捲れた烈火が不発に終わったのが残念すぎた。
その後も糸色倒した!と思ったら殴り終わった後におかわり来て結局状況下変わらなかったり・・・
そんなこんなで相手の糸色と崩しきれずに、相手のペースのまま負け~

3回戦目 エアギア入り機械デッキ

今回大人気だったのかな?そんな気がする・・・・
とりあえず要注意の新カードはさまsとのフリーで学んでいたのだが、どうにもこっちのデッキが回りきらなかった・・・・・
結局相手ペースで試合が進んで負け。
除去も回復も相手ペースでしたとさ。
どうやら俺のブログを見てくださってる方のようで、ホントありがとうございます。俺としてはそう言ってもらえると嬉しいことこのうえなし。

4回戦目 応援格闘デッキ

フリーバトルで戦った人。
ちなみにその時は3弾の鷹村にフルボッコにされた。
んで今度こそは!と思ったのだが、やっぱり鷹村ゲーでしたw
正直鷹村で2~3点を3回も食らっちゃったら勝てねぇってww
とりあえず鷹村とかいうボクサーは強かった・・・・・負け~

5回戦目 格闘デッキ 木谷社長

最後にまさかの木谷社長。
早いうちから烈火も火を吹いたり、相手のキャンセルをキャンセルしたりと、完全にこっちのペースでした。
正直こっちのデッキに負ける要素が無いぐらいの回り方でした。社長スミマセン^^;
まぁそんな感じでさらっと勝ち~


2-3でした。
微妙・・・・・ってかダメダメだねw
とりあえず一番印象に残ってるのは鷹村がでかくて強いって事だw

ちなみにその日の朝俺がルールを教え、しろ君sが組んだデッキを使ったコンダクターsが3位に入賞すると言うまさかの事態が発生w

いや、ホントまさかすぎたw




そのあと池袋に移動してストパン杯。
サンマガ会場から来たのは俺とコンダクターs。
そしてそこに更にげんまsとしろ君sが加わり、7人で大会スタート。
と思ったらRANSsが『遅刻』登場。そしてねじ込んで大会参加者8名。

使用デッキ:赤青こっちくんの?
パートナー:デ・ジ・キャラット
まぁ前回と同じ。


1回戦目 青単

現地の人。
とりあえず沸いてくるユニットはそれなりに除去った。
しかしひたすら迎撃握られてて根性走れない。
デジコがもっと来てくれれば良かったのだが、なかなか来てくれず・・・・・
なのでここぞと言うところで決められるように根性を溜め込んだが時間が間に合わず・・・・・
そんなわけで引き分けでした。

2回戦目 緑青

初心者です、って言ってたがホント初心者っぽかった。
とりあえず2ターン目で出てきたパートナーのクリスが、リリースし忘れたから起きず殴らずでエンドで良いです・・・・とか言い出したときはかわいそうになったw
そのぐらい起こし忘れましたで起きて良いってw
まぁ勝ちましたよ。
それにしてもエネ少ないのに置かなかったりしたのは、やっぱり置き忘れたのでいいです・・・・の類だったのだろうか・・・・・
潔くてむしろ正しいんだけど、流石に3コスじゃなんもできんだろうよww


ここでまさかの階段崩れで終了。
しかも遅刻してきたRANSsが優勝という腑に落ちない事態w
とりあえずファミチキ買ってk(ry

まぁそんな感じで1-0-1で終了。
お楽しみ賞当たらず・・・





久々にサンマガやったけどやっぱり楽しいね!
スポンサーサイト

第2回サンデーVSマガジンカップ地区決勝 東京大会・横浜大会

1月24日25日に行ってきました。

元々夕方から武道館の方に別の用事を入れてしまっていたので出る予定は無かったのですが、時間が空いていたことと暇だったことからちょろっと参加。



東京大会

出るつもりが無かった→デッキを持っていない

ということでしろ君sにデッキを貸してもらいました。ありがとん!

使用デッキ『絶望先生闇デッキ』

1回戦目 デビルマン魔族デッキ

某春日野sの作っていた魔族に近い感じのものでした。
こっちは先攻取ってからいきなりパートナーアタックするなどと素晴らしいスタート。
これと言って大きな事故も無く、絶望が機能してくれたので勝利。

2回戦目 推理デッキ ケサダs

序盤に望が除去られてからが鬼門のデッキだったわけですが、それでも元々闇持ちをベンチに入れたりしながら何とか点数的にはリードを保つ。
しかし中々相手の場を崩しきれずに終盤になり、最後は園子→天草でデッキトップを操作され、きっちり逆転されて終了。
負けました。


ここで重大な問題が・・・

まぁ最初からシングルエリミネーションで負けるまでやるか~ぐらいでいたのですが、実はスイスドローだったのですなw
しかも人数も多く5回戦は確定・・・
5回戦もやると時間的に危ういためドロップを・・・・・・すごく申し訳ないけど・・・・・ドロップしました。
実際不戦もいたため、俺がドロップしてから不戦が無くなったということで・・・・ね^^;

まぁそんなわけで東京大会は1-1ドロップ終了。


横浜大会

実はこの日も武道館に用事があったんだなw
そんなわけで春日野s達の調整に付き合うために早めに来たわけだが、何だかんだで出ることになり、まだ買っていなかった3弾を2箱買って自分も調整。

使用デッキ『ファイヤー○ュウケンドー3弾仕様(火ヒーローデッキ)』

1弾のころから調整を重ねたデッキ。
基本的に無難に戦える良いデッキだと俺は思っているのだが・・・・・・その話はこのあと。
デッキレシピはあとで書きます。

1回戦目 番長デッキ

俺がまだ3弾のカードを把握しきっていない以外は普通の戦いでした。
最後はお互いに『攻める』か『守る』かを考えさせられていたようでw
結果は俺の勝利。

2回戦目 推理デッキ ケサダs

まさか昨日と同じ組み合わせになるとは・・・・しかもやっぱり2回戦目でw
まぁ個人的にはリベンジマッチをいうことで・・・・
しかしこれが素晴らしく良い試合だったわけですよ!
序盤はお互いに除去り合いながらの普通の展開。
まず戦局が変わったのが俺の温泉マーク。
相手がその前にハチベェ→園子とサーチしていたわけで、とりあえずカウンターが来なかった→園子選択で1枚落とそうと思ったら実は2枚も持っていたという・・・
相手の園子を2枚落としたことで若干流れがこっちにきた。
・・・・かのように思われたわけですが、ここで相手の金田一。
残念なことにキャンセルを握れなかったためこっち全滅。
それでも貯めたエネからリカバリー。
流れは止まったがそれでも攻める。
つ金田一
2枚目かぁ・・・・キャンセルねーよ!はい、全滅。
相手は攻め手に困りながらも天草でデッキトップを変えながら確実に点を決めてくる。
相手に流れが傾いたかと思いきや相手の攻めを殺してくれたのが漂流ママ!
さらにはそのあと邪眼もめくれて、合計2点回復。
これでお互いにギリギリにところで終盤を迎え、最後は俺がきっちりパートナーアタックを決めて勝利。
正直良い試合すぎてすごく疲れました。ホント燃え尽きましたw

3回戦目 妖怪デッキ

前の試合で正直燃え尽きていたわけですよ・・・・
まぁそれでも序盤から甘粕を握りまくってこちらの場としてはすごく強い感じでした。
しかし相手の除去も冴え渡り、相手がリードで向かえた4ターン目。
俺のベンチには甘粕2墨村1。
ここでワンチャンス逆転しておこうと思ったわけですよ。
ところがここで重大なプレミをしてしまったわけですな。
ハンドの甘粕を使ってベンチの甘粕を張り替えて、大吾を出してパートナーアタック2回・・・・・の予定が当然4ターン目じゃエネが足りない。
大吾呼んできてから気づいて俺涙目。
しかも殴ったら奈落降ってきて俺のベンチ全滅。
この時点で3枚の甘粕を失った。
攻めの要の大吾&甘粕が仕事できずに沈んだため、このあとの俺の場は攻め手に欠いていました。
一方相手は雷信&かがりで確実に2点決めてくる。
途中こっちの烈火が2回発動したものの、攻め手がひよりすぎて盛り返せず。
結局巻き返しの兆しが見えたころには9点くらっていて、そのまま殴られて終了。
プレミが痛すぎた・・・・

4回戦目 番長デッキ 春日野s

まぁ当たる気はしていたんだw
散々調整で戦った中で、結局金剛番長はデビルマン同様『ただデカイだけ』と認識していたわけですよ。
まぁそれは今も全く変わらないわけですが、最大の敵は別のところに潜んでいたのですな。
序盤から相手の金剛がデカイことになり立ちはだかったものの、別にたいした被害も無く凌いで、結局こっちのリードで終盤まできたわけですよ。
ここで最大の難敵、居合+直角のコンボ発動。
キャンセルを握っていれば被害は少なかったのですが、まぁ無いわけで・・・・
この居合を食らうと、実は俺は9作品から選ばなければ1点食らうという無理ゲーを強いられるわけですよw
すぐに除去がめくれてくれればよかったのですが、こういう時に限ってめくれない・・・・
結局終盤ながらそれまでの点差を一気に埋められ逆転負け。
居合で3点ぐらい食らった気がする・・・・
正直俺みたいなデッキには酷いぐらい刺さるコンボだった。


ってことで2-2で8位という微妙な結果・・・・

とりあえず結果発表までいて、そこから本命の用事のために武道館へ猛ダッシュw
ギリギリ間に合いましたとさw

まぁ今回の大会は元々出られないと思っていたため、出られただけでもよかったのかなぁと・・・・

次のアニバーサリーカップは頑張ります。

もう一度全国行きたいしね。

とりあえず今回横浜大会で使った火ヒーローデッキのレシピは上げておきます。
プレミとかしなければどのデッキにも無難に戦えます。除去もしっかりしているんで。
これを見てくれた誰かの役に立てれば嬉しいです。



『ファイヤー○ュウケンドー3弾仕様(火ヒーローデッキ)』

墨村良守(TR) 4 スタート
雪村時音(TR) 4
甘粕士郎 4
朝比奈大吾 4
温泉マーク 4
美堂蛮(1.0) 4
天野銀次(1.0) 4
美堂蛮(2.0) 4
御神苗優 4
花菱烈火 4
ネギ 2
アーニャ 3
高松恵美子 4
矢吹丈(3.0) 1

計50枚

戦い方はベンチに火とヒーローを確実に置きながら、豊富な除去で相手の場を崩す。
甘粕からのサーチで大吾やアーニャを言った攻めてを呼べるほか、もちろん自分も呼べるし、相手のキャンセル対策に入れた矢吹も呼べる。
矢吹を握っておけば、烈火をキャンセルされても対抗できる可能性が多い。
回復は勝っている時でも発動できる上、降ってきても弱くない。

とまぁこんな感じ。
居合番長対策は自分で考えてw
俺も今から考えるからw

マジでつか・・・

第2回サンデーVSマガジンカップの地区決勝は1月の24日と25日とな・・・・




・・・・どっちもいけない可能性があるぞ!?


全国行ってリベンジしたいけど、どちらの日も既に予定が入っているとな・・・

さてどうすんべ。




そういやアリスクロスとやらが発表されてたね。

ロマンチカは面白いからやりたいとは思うんだけど、他の作品次第かね・・・・まぁあとゲームシステム次第w



それより何よりレヴォやりたい・・・

まだ満足に富士見3.0いじってないしね・・・

そしてもうすぐタイトルバトルか・・・・

作りたいものは大体決まってるけど、全然カードに触ってない・・・

資産だけ掘り出しといて金曜日蒲田で組むまであるw



まぁそんなところ。

概ね忙しい日々を送っていまする。

デッキレシピ『漂流パラダイソ』

ってことで、先日の全国大会では4位に終わってしまいましたが、折角なのでデッキレシピをあげておきます。

漂流パラダイソ(という名のラブひなデッキ)

2.0中村麻子 1 (スターター)
TR浦島景太郎 4
TR成瀬川なる 4
TR青山素子 3
TR紺野みつね 4
1.0浦島景太郎 4
1.0青山素子 4
1.0紺野みつね 4
1.0浦島可奈子 4
1.0温泉たまご 4
1.0乙姫むつみ 4
1.0高橋恵美子 4
1.0キャプテン・フォン・ファーザー 4
1.0前原しのぶ 1
2.0鉢かづき姫 1

計50枚


地区決勝の時は、中村麻子→TRカオラ・スゥ、鉢かづき姫→TR青山素子だったのですが、2.0環境になってサイズの大きいキャラが増えたので上記のように調整してパートナーアタックを若干増やす。
このデッキを組む時にまず大前提としてあったのは『降ってきて弱いキャラは入れない』というもの。
ということでTRしのぶや1.0カオラ・スゥなどはいれず・・・・しかし1.0景太郎は能力がハンパなく優秀なので4積み。
1.0成瀬川は振ってきても仕事せずに落ちることがあったり、必要な時に引いてなかったりするため更迭。
1積みのしのぶと鉢かづき姫は相手のアタックの最後に景太郎が降ってきたとき用。
地区決勝の時はしのぶだけだったが、ゲーム中同じ流れでもう1枚引く余裕があると判断できたため鉢かづき姫を採用。
2.0刹那を使わなかった理由は、このデッキに入れてもパートナーが取れなくてアタッカーとしては若干物足りず、キャンセルはTRなる+ファーザーと割り切って回りやすくしていたため。
そこで1枚だけの回復より、ワンチャンス追加点を叩き込めるパートナーアタックのほうが使えると判断。
この構築なら、パンプ力のあるデッキにも十分点を入れていける上に、丁寧に回せば大体のデッキに対応できること。
弱点としては序盤に頻繁に除去が飛んでくると、ベンチのリカバリーが間に合わないこと。
しかしこれは基本的にほとんどのラブひなデッキに言える事だと思う。


ちなみに、全国で躓いた理由のひとつはスイスドロー1回戦目で当たった人の構築がラブひな+イングラムでパートナーアタック対策を施していたこと。
流石にイングラムの場に対しては対応策が限られるため、若干不利になってしまう。
さらに言うとその試合は序盤に漂流教室が3枚目くれてしまっていたため、回復の線が弱まってしまっていたから。
3回戦目で当たった東京代表の人のデッキは、優勝者のデッキのようにしのぶでのパンプ型だったのだが、この型に対して『敵が大きすぎて点が入らない』という事態には陥りにくいことは実際にやってわかった。


ってことで結果こそ微妙なものの、パートナーアタック重視のひとつの形として十分に戦っていける構築だと自分では思っています。
よかったら試しにどうぞ^^


最後に全国大会の直前まで、このデッキの調整に付き合ってくれたり、助言をくれたりしたみなさんありがとうございました。





>さまs
序盤のママ事故はホント痛かった・・・
もっと精進しますわ^^;


>しろ君s
イングラムを混ぜる構築はすごく意表をつかれた・・・・

橘田いずみsはメタカードを適度に挿しておくなど、なかなかがんばった構築をしてたとおもう。
回復が無いっぽかったのが怪しかったけどw
そしてなによりもすごく引きが強いことは良くわかったw

プシロードカードフェス

ってことでサンマガの全国決勝でした。

使用デッキ『漂流パラダイソ』(ラブひな+α)

1回戦目 らぶひな+イングラム 名古屋代表

相手は泉野明をしっかり引き入れ、俺の漂流は序盤のうちに3枚見えてた。
それでも回復などで1点差とかで終盤まできたんだが、俺のデッキがパートナーアタックメインのデッキだったために、イングラムの存在がデカすぎた・・・・
結果的には負け。


2回戦目 不戦勝 仙台抜けた人かな?

全国大会でスイスドローなのに1敗したからってフリーに逃げるのは駄目だと思うんだ・・・・
出たくても出られなかった人もいるわけだしね。


3回戦目 ラブひな+TRうる星やつら 東京代表

基本的に戦い方は似てるものの、俺の方がパートナーアタック重視だったことが終盤で役に立った。
可奈子×2でお互い新地になったあと、素子と鉢かづき姫ベンチに引き入れて2発通して勝利。



ってことで、スイスドローは2-1で勝ち越したものの、オポーネント差で4位。

残念ながらトーナメントはいけず・・・



しかしながら飛び入りの橘田いずみさんが最終的に準優勝で、内部の人は商品を貰えないってことが発生。

つーことで、もともと3位の商品のMP3プレーヤーが4位の俺に降りてきました。



良いところを名古屋地区組に持ってかれましたが、まぁ勝ち越したってことで・・・・^^;

にしても4位って微妙すぎる・・・・

ってかこんなにラブひなだらけならヒーローデッキで出るんだったな・・・・もう少し魔族とかいると思ったのに・・・・

デッキレシピは次の時に上げときますね。

っても地区決勝と2枚しか変わりませんが・・・・




ってことで微妙な結果になってしまいましたが、今後ともよろしくお願いします。
プロフィール

かんた1号

Author:かんた1号
どうも、変人です。

カードゲームとかニコニコとかその辺の話を中心に書いていきます。

日常的なことはmixiに書いてるんで宜しかったらそちらもどうぞ。

mixiへ

最近Twitterも始めました。こちらもお願いします。

Twitterへ

御用の方はmixiのメッセージあるいは以下のアドレスまで。

nekon2☆gmail.com (☆を@に変えてください。)

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
乱れ雪月花
春日野さんのブログ

繰り返す現実~避難所は作られた世界~
しろ君さんのブログ

浜の果てから愛を込めて
栄光への根本原理

さまさんのブログ

Dream×Dreamers
Dream×Dreamers

FERISさんのHP

ごRANSの有様だよ!!!
RANSさんのブログ

RAMUのサンデーVSマガジン日記
MURAさんのブログ
応援中
プロジェクト レヴォリューション 応援バナー サンデーVSマガジンTRADING CARD GAME アリス×クロス†ALICE† OVERDRIVE official site キラ☆キラ エーデルワイス OVERDRIVE 5th Project -DEARDROPS-
ブログ内検索
RSSフィード
管理用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。